« 愛が世界を救うことは出来ませんでしたが、西日暮里ぐらいは救えたそうです。 | トップページ | やはり何を一番優先にしたいかというと、睡眠なわけです。 »

2006年12月 2日 (土)

凛として時雨ワンマンツアー"ペガサス" @新宿LOFT

久しぶりにガッツリいった感が。かなりスカッとしました。



という事で、チケットが手に入ったんで凛としてワンマンに行ってきました。本日もいつものようにバイト終了後、LOFTへ。ちゃんと昼飯はパン+おにぎり2個、バイト後にはリポDと、マックいって色々、チョコシェーキ他、等など元気が出そうなものを前もって準備しといたおかげで、ライブ中眠くなる事はありませんでした。というか、今日はそこそこ激しい部類に入りそうなので寝る暇ありませんでしたが。



チケ番はそんなに悪くなかったんですが、だらだらしてたら遅れました。そんなぐらいの番号。しかし譲って貰えて良かった良かった。譲って貰うのが決まりそうになった時から、家、移動中の音楽プレイヤー、バイト先(朝1時間)は、カナリの確率で凛として。家ではGood Dog Happy Menも聞いてましたが。カナリのヘビーさで聞いてました。コレでいけなかったら非常に凹むトコでした。



特にライブ前変わった事もなかった(原宿のライブハウス?の告知がずっと流れてたぐらい)んで、さっさとライブスタート。部屋暗くなって、SEかかってメンバー登場。今日は初めはなんだかんだで結構前にいて(暗くなって前へガーッに乗った)、メンバー三人ともはっきり見える感じ。無駄感想としては、ボーカルの人のもみ上げ付近がバイトの先輩に似てました、とか言っておきます。



そしてヘビーローテの甲斐もあり、曲名と曲は結構一致しているんですが、残念ながら1曲目から何だったか覚えてません。いやぁ、今日のライブは疲れたんですよ。初めの方は、前から4~5列目付近で、ギュウギュウ詰めだったし、中盤は流れて行って3列目付近へ。ココは油断したら、前の女の人の頭に顔が付いてしまうぐらい狭かった感じで。最高にギュウギュウと。後半はとある事情で後方へ。まぁ理由は大体分かるかもしれませんが。



で、無論セトリ覚えて無いし、いつものように曲ごとに。ただ、今回は覚えている曲が分かり易いものばかりで申し訳ない。



という事で、たぶん1曲目「Sadistic Summer」。この曲、CDで聞いても結構耳に残りますよね。特に後半のツインボーカル発揮している部分。それを生で聞くと、さらにぐわぁ~って来る感じで。この前のライブでは345さんあんま見てなかったですが、今日は部分部分でガン見。この曲は結構345さん見てた感じで。かっこいいね。



「鮮やかな殺人」。今家に帰ってコレを聞くと、『これ1曲目だったっけ?』とか、流されそうになります(だから自信無し)。ボーカルの歌いだしで始まるんで、当然そっちを凝視と。テンポが変わるところカッコイイですよね。その部分では、全員の動きが見たくてキョロキョロしてました。結果的にはドラムに落ち着いた感がありますが。ドラムかっこええわ。もちろん他2人も良いんですが。所詮楽器ではリズム隊が好きな人です。



「想像のSecurity」。この曲の始まりのギターがすごく好きです。かっこえぇ。ギタードラムがガーって。アレ生で見たらやば過ぎでした。最後の曲が終わる所のドラムがまたヤバイ。やっぱCDでヤバイのはライブで見るとさらにヤバイと。もはや恒例『ヤバイだらけ』になってきましたが、気にしない。



「感覚UFO」。この曲はボーカルをほぼ凝視。後半の345さん歌うところまでは、ガン見だった気がします。特徴のある声のボーカルって最高ですね。あと、この曲聞くとVOLAの「ORIENTAL MACHINE」思い出したり。超一部だけど。



「CRAZY感情STYLE」。この曲の途中でダイバーが飛んできました。というか、このライブ中」、何度も『ココで飛んで来たら最高!!』と思うタイミングがあったんですが、なかなか飛んでこず。凛としてダイブは無しかな?』とか思いながら、ちょっとだけ気にしてたらこのタイミングで。まぁ個人的には、『う~ん...』と思うようなタイミングだったんですが。まぁいいんだけど。



そして、このタイミング(上の曲と下の曲の間)で、かっこえぇ事が。この時は結構前の方にいたんですが、突然前の男性ダイブ!!アツ過ぎる。てーか『よ~飛べるなぁ~。』の一言につきます。たぶん両隣の肩持ちながら足あげて、その足をバーにかけてそっから踏ん張って飛んだクサイんですが、そんな器用な事、私には出来ません。ってことで、私は後方へ。



「テレキャスターの真実」。後方行って飛ぼうとしたところ、肩つかんだら軽く睨まれる始末で。ちょっと凹んでたら、でかいおっさんじゃなくてお兄さんが他の人あげているのを見て、すかさずその人の前で飛ぼうとしたところ、うまくサポートしてくれたんで綺麗に飛べました。なんか色々積もってたり積もってなかったりする事が吹っ飛びました。超最高!!!ってヤツです。ダイブはいいねダイブは。



が、ココで予想外の出来事が。普通ダイブしたら、スタッフが最前バーのトコまで来て、捕まえてくれるんですが、今回スタッフ来ませんでした。つまり、客席からまるでゴミのように投げ捨てられ、そのまま客席とステージの間に落下と。結構危険です。いやー、これは初体験でした。スタッフがいなかったか、他にまわっていたかは分かりませんが。綺麗に落ちたんで、左手打ったぐらいで済みましたが。まぁこれはダイブしている以上、しょうがない事なんで全然OKなんですが。痣は勲章です。痣にすらなって無いけど。



そして、やっぱ「凛としてダイブ」は無い方向なのかなぁ~とか思ったり。まぁそんな方向、個人的には意味が分かりませんが。ダイブについて語ると物凄く長くなりそうなんで止めときますが、綺麗にダイブすれば、ダイバー以外は重症の可能性なんてないと思うんだけどなぁ。まぁ綺麗にダイブなんて行儀のいい事、私よりさらにダイブ好きな人達はしないとは思いますが。やっぱこちら側もちょっとは譲る必要があるとは思うって訳です。



「Sergio Echigo」本編最後の曲。ボーカルが「サッカーファンの皆さんに」とか言ってたんで、『あぁやっぱあのセルジオエチゴか。』と思いながら、私が思い浮かべていた顔はジョンカビラでした...なーんて、余計な事も考えつつ。最後は平和に締まりました。ダイブは1回どまりでした。あんま行ったこと無いライブだと、強気に攻めれません。



アンコールはありませんでした。始まる前、メンバーの知り合いか誰か(後ろにいた)が「今日は絶対アンコール無いから、終わったら物販直行で...」なーんて会話をしてたんですが、その通りに。幕がすぐ下りて、「本日の公演は終了...」アナウンスもすぐありました。なんかイベントがあるそうで。残念です。



後、書いてませんでしたが、今日はドラムの動きもバッチリ見ました。噂のスティクさばきも。まぁ何の曲かはもちろん忘れてるんですが。上にあった曲かもしれないし、違うかもしれない。そんなモンです。でもアレかっこよすぎるよねぇ~。アレで叩けるんだから凄すぎ。凄すぎて軽く笑ってしまいました。アレは無理だよね?やろうとすると絶対スティックとんでっちゃうよね?



Photo_28 その後物販にて、Tシャツとタオルとステッカー×2を。Tシャツは悩んだんですが、後ろ右肩の「Call Me PEGASUS」に惹かれて購入。写真で伝える気0%です。あとドリンクバーでは今夜限定「傷だらけのペガサス」という名のが。なんか最近行った他ライブもそんな事があった気がしますが、まぁ置いといて。買って飲んで見ると、炭酸が強い強い。胃が傷だらけです。不味くは無いけど、カエル印の方がうまかったです。とかいっときます。今日はドリンクチケットでちゃんと、ジントニックも飲みました。ジントニックでした。



そんな感じで終わってみると、久々にタオルもTシャツも結構濡れてる感じで。財布をロッカーに入れて正解でした。ジャパサの時より汗かいてたかも。ライブ自体はたぶん1時間30ぐらいじゃなかったかな?予想通り短め。内容は濃かったです。いいもんいっぱい見れました。あと、MCでまた東名阪ワンマンツアーをやるとの事で。次回の会場はクアトロ柱でお馴染みの渋谷クアトロ。今から楽しみ楽しみ。次回はちゃんとチケット買うはずです。



12月は濃さそうなダイブが多いんです。その1発目はやはり濃かった。満足満足。




テレキャスターの真実 / 凛として時雨

|

« 愛が世界を救うことは出来ませんでしたが、西日暮里ぐらいは救えたそうです。 | トップページ | やはり何を一番優先にしたいかというと、睡眠なわけです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62066/4405271

この記事へのトラックバック一覧です: 凛として時雨ワンマンツアー"ペガサス" @新宿LOFT:

« 愛が世界を救うことは出来ませんでしたが、西日暮里ぐらいは救えたそうです。 | トップページ | やはり何を一番優先にしたいかというと、睡眠なわけです。 »